これからの税金、これからの生活

税金に関する情報ホームページ

自動車と税金は切っても切れない関係

何かと物入りな4月が過ぎ、5月になると追い打ちをかけるように固定資産税と自動車税の納付書(請求書)が郵送されて来ます。
固定資産税は土地建物などそれなりの資産がないと課税されませんが、自動車税の方は、資産家でなくとも4月1日時点で車のオーナーなら容赦なく課税されます。
高級車じゃなくても、排気量1,500cc超2,000cc以下の自動車で自家用なら39,500円の税金ですから、そこそこ高額納税だと言えるでしょう。
しかし我々まじめな納税者は、なんとかやりくりして期限までにきちんと納めなければなりません。
ちなみに自動車税は都道府県税で一般税、使用目的が限定されていない税金です。
安いと比較される軽自動車税は市町村税で、乗用車でも自家用で1万円かかりませんので、やはり随分と負担額が違います。
ここに着目して車を決めるというのも、あながちおかしい話ではないような気がします。
あと、自動車税の納付領収書がないと車検が受けられないのは周知の話だと思います。
自動車税は月割りの税金ですので、車を年度途中で廃車にした人は還付の手続きもお忘れなく。
これは軽自動車税にはない自動車税の特徴です。
自動車と税金は切っても切れない関係です。
どちらも詳しくなっておきたいものです。

税金をよく知るための参考リンク

Navigation